早漏改善はタダポックスにおまかせ
早漏を理解する
早漏防止薬
医薬品について
管理人の医薬品体験
人気商品
ダポキセチン+タダラフィル
早漏に悩む人はタダポックス!
EDにお困りの人もどうぞ
36時間効果が持続します

先発薬の特許期間が切れると他社もその成分を使えるようになります。それにより出来た医薬品をジェネリックといいます。

ジェネリックについて

錠剤タダポックス」は経口用早漏防止薬「プリリジー」と、ED治療薬「シアリス」の効果が合わさったジェネリックです。

プリリジー、シアリスは先発薬(新薬)でありタダポックスやスーパータダライズはジェネリックに分類されます。

こちらではその種類の説明を致します。


先発薬
研究者男性 薬を販売するためには新しい成分を開発し、実際に効果があるのかを研究し、実証しなければなりません。

そしてそれを行うためには莫大な費用と時間をかけなければなりません。
このような過程を経て完成した薬には販売する際、特許が与えられます。

およそ20~25年ほどその企業が独占的に販売できる権限です。その理由は開発費用の回収と次のための投資などの名目です。

これがいわゆる先発薬といわれるものです。


ジェネリックとは?
研究者女性 ではジェネリックとはどういうものか?
先発薬は特許が切れれば独占権は消失し、それにより開発した企業以外にもその成分・製法の使用が解禁されます。

そこで各社独自に研究・開発を行なって飲みやすくしたり、薬効成分が溶けやすくなるような工夫をし販売へ至ります。
こうして出来た薬をジェネリックといいます。

ですので効果は同じものを得られ、もしかすると先発薬よりも使いやすくなっているかもしれません。

さらに元になるものが存在していますので、研究費用も初めから開発するよりもかかりません。

そのためジェネリックは価格が安いのです。先発薬よりも3~5割は安く購入が出来ます。

海外ではほとんどが処方される医薬品はジェネリックで賄われていますが、日本では世界でも珍しい国民皆保険制度を導入しています。

ジェネリックに切り替えても実はそこまでメリットが無いためか(価格差)、導入が遅れていました。

しかし今ではようやく4割がジェネリックとなりこれからも導入が進んでいくことになるでしょう。


ジェネリック大国インド
錠剤 ちなみにタダポックスなどのジェネリックはインドの企業が販売しています。

プリリジー、シアリス共にまだ特許期間は終わっていません。
それなのになぜ製造が出来るのか?その理由には法律が関係しています。

インド国内にも特許制度自体はありますが、圧力により出来たものであり実際は無いに等しい状態です。

それに反対しているのはアメリカや製薬会社です。

しかしそれに異を唱える団体、個人なども多数います。
実際にNPOなどでは安価なインド製ジェネリックに頼りきりです。

このように難しい問題もありますが、ジェネリックの可能性はかなり広いと思います。

スーパータダライズ