早漏改善はタダポックスにおまかせ
早漏を理解する
早漏防止薬
医薬品について
管理人の医薬品体験
人気商品
ダポキセチン+タダラフィル
早漏に悩む人はタダポックス!
EDにお困りの人もどうぞ
36時間効果が持続します

自己でもパートナーとも行えるトレーニング方法であるスクイーズ法。射精寸前に圧迫をし、我慢をする方法です。

スクイーズ法を行う

アメコミ風の性研究者と被験者 早漏改善方法として広く使われているのは、現在医薬品によるものが主流でしょう。
ダポキセチンを配合した医薬品、ペニスへの刺激を鈍くする外用薬を問わずです。

しかし兼ねてから行われてきた自分でも相手がいても行える早漏予防のトレーニングがあることをご存知でしたか?
それが「スクイーズ法」というものです。

実は日本だけではなく世界中で実施されている方法だそうで、考案したのはアメリカの性科学者であるマスターズ氏とジョンソン氏です。

この2人は夫婦であり他にも様々な実験や論文を発表しています。

ではその方法をこれからお教えします。
すごい簡単な方法ですのですぐに実践が出来るはずです。
普段行っているように自慰を行います。

そして射精しそうになったら亀頭の下辺りを3秒から4秒圧迫します。
そうして射精を我慢することによりその感覚を覚えさせるのです。

セックスの最中でもそれは可能です。
やりかたは自分でやる応用で、射精しそうになったらペニスを抜き同様の方法で抑え射精を我慢します。

これは相手にしてもらうことも出来ますので2人で協力をすればその分効果もあるとの事です。

しかしあまり強く抑えてしまいペニスを傷つけてしまってはいけないので、力加減に注意をしましょう。

そして無理に射精の我慢をしないようにもして下さい。
その理由として射精が尿道を逆流してしまう可能性があるためです。


正常であれば射精の際には膀胱へ逆流しないような仕組みがあるのですが、それが開放されてしまっているので流れこむのです。

症状が軽ければいいのですが、もし夫婦の間で子供を作る予定があるのであれば不妊の原因にもなるため気を付けましょう。

男性にささやく女性 ペニスの刺激に対しては非常に強く慣れる方法がスクイーズ法。

しかし興奮をしすぎることによっても射精は早くなってしまいます。

その興奮は医薬品でなければ抑えることが出来ません。
それらが合わさることで早漏を克服する事が出来ると言えます。

もちろん刺激に耐性を付けることも重要ですので、長い目で見なければなりませんが結果が出てくるでしょう。

辛抱強く続けることもまた大事なのです。

スーパータダライズ