早漏改善はタダポックスにおまかせ
早漏を理解する
早漏防止薬
医薬品について
管理人の医薬品体験
人気商品
ダポキセチン+タダラフィル
早漏に悩む人はタダポックス!
EDにお困りの人もどうぞ
36時間効果が持続します

4つのタイプがあり、それぞれ対処法の違う症状である早漏。自身で把握していなければ解決は難しいでしょう。

早漏のタイプ

男性を慰める女性 早漏とは一口に言っても、実はその原因には色々あり一概にこれだとは断定できません。

4タイプの種類があり、いずれも克服するのは至難の業です。解決にあたっては、それぞれ適切な方法を実施しなければなりません。

こちらではタイプ別の原因と、それを解決する方法を少しではありますが調べてみました。まずはこちらからどうぞ。

過敏性早漏
ほほに手を当て驚く男性 ペニスへの刺激に極端に弱く、我慢が出来ずに射精を行ってしまうタイプです。

こらえようと思っても自分の意思に反して異常に反応するために起こるのです。

それを防ぐためには刺激に慣れなければなりません。
まずはスクイーズ法を用い、刺激にゆっくりと慣れればある程度射精を我慢することが可能です。

包茎性早漏
包茎を思わせる男性 過敏性早漏と似ているものの、こちらは自身のペニスが包茎のため亀頭が刺激に弱く、コントロールが利かなくなります。

真性包茎であれば保険適用が出来るケースがありますので、それにより解決が可能です。

仮性包茎は日本人の6割にあたり、自身で容易に包皮が剥けますので基本的に手術はしなくても大丈夫です。

その際は亀頭部分は手術や自身で露出させても刺激に弱いままです。刺激に対して強くなることが早漏を予防する一番の方法です。

心因性早漏
目をふさぐ男性 緊張や不安、そして興奮により早漏となってしまいます。
これらが交感神経を働かせてしまうので、射精を抑えられなくなります。

それを防ぐためにはタダポックスなどの早漏防止薬を服用し、ダポキセチンを摂取すれば大きく改善をします。

ダポキセチンは興奮を抑える脳内物質セロトニンの濃度を高める作用を持っており、副交感神経へと切り替える事で射精を延長させます。

衰弱性早漏
頭を押さえる男性 年齢を重ねた人やデスクワークの人に多いと言われています。
射精を抑える射精閉鎖筋の筋力が弱まることにより、射精が抑えられなくなります。

射精の際には勢い良く飛ばずに、垂れてくるような感覚があればこのタイプであるといえるでしょう。

下半身の衰えで起こりますのでスクワットやウォーキングなどの運動で防ぐことで解決します。

スーパータダライズ